シンオウ神話を考える〜神々が忘れられた理由〜

 引き続きシンオウ神話について考えていこうの巻。シンオウ神話の神々は何故忘れられたのだろうか。

異色な神話の存在

 前回の、シンオウ神話の名残があまりにも無さすぎるという疑問については「トバリのしんわ」が答えとなってくれるのではと考えた。

「トバリの しんわ」

つるぎを てにいれた わかものがいた
それで たべものとなる ぽけもんを むやみやたらと とらえまくった
あまったので すててしまった
つぎのとし なにもとれなかった ぽけもんは すがたをみせなくなった

わかものは ながいたびのあと ぽけもんを みつけだし たずねた
どうして すがたをかくすのか?
ぽけもんは しずかにこたえた
おまえが つるぎをふるい なかまをきずつけるなら
わたしたちは つめときばで おまえのなかまを きずつけよう
ゆるせよ わたしのなかまたちを まもるために だいじなことだ

わかものはさけんだ
おまえたち ぽけもんがいきていること
つるぎをもってから わすれていた
もうこんな やばんなことはしない つるぎも いらない
だから ゆるしてほしい
わかものは つるぎをじめんに たたきつけて おってみせた
ぽけもんは それをみると どこかに きえていった

 ミオ図書館で読める「トバリのしんわ」は、他の神話や昔話に比べるとやや毛色が違って見える。
 昔の人々がポケモンを食べていたのは、前回に引用した昔話を見れば明らかである。しかし、食生活という最も身近な習慣を、この神話は真っ向から否定しているのだ。
 比較的長く、一つの話として完結している点も目立つ。

 トバリの神話が作られたのは、シンオウに元からあった信仰を否定するためではないかと推測する。
 外からやって来た人々から見てポケモンを食するシンオウの人々の習慣は好ましくないものだったとすれば、それを止めさせる動きがあったであろうことは想像に難くない。
 殖民といった人の動きがあった際に、元々そこにあった信仰を捨てさせる改宗が行われるのは珍しいことではない。別の土地から人が入ってきた痕跡としては、ヨスガシティの「いぶんかのたてもの」が挙げられる。

 ポケモンを食する習慣が無くなり、連動して骨を水に送り返す儀式も失われる。習慣の変化によってポケモンに対する考え方も変化し、やがて元の信仰は薄れていく。シンオウ神話はこのような経緯を辿り、消えていったのではないだろうか。

何故「トバリのしんわ」なのか

 ここまで考察し、一つの疑問が浮かんでくる。「トバリのしんわ」という名前である。シンオウの神話ではなく、トバリという地名に限定する理由は何だろうか。

 原点に戻り、シンオウ地方のタウンマップを眺めてみよう。以下にトバリシティの説明を引用する。

けわしい やまを きりくずして
つくられたため ほかのとち とは
あまり こうりゅうを もたない まち。

 これは、トバリシティ4マスに共通する三行である。
 あまり交流が無かったということは、トバリの人々が外に出たり、逆にトバリに他の土地から人がやって来ることも少なかったと想像できる。だとすると、トバリの情報が外に伝わる機会は非常に少なかったはずだ。新たな神話を広める際、この性質を利用したのではないだろうか。

 「トバリで起きたこと」ととして、「トバリのしんわ」を広める。今までの習慣によって飢饉やポケモンとの争い(=きずつける)が引き起こされた地があるとしたら、今までの信仰を捨てるに足る要因ではないだろうか。

 ほぼ信仰が失われたにも関わらず、神話自体は本として残されている。加えて「トバリのしんわ」と似た話は他には見られない。このことから、信仰の変化は比較的穏やかに行われたのだろう。
 実際に飢饉のような災害が起こるなど、他の要因が改宗を加速させたのかもしれない。

ポケモンも ひとも てをつなぐと みんな なかよし! しわあせ だよね
だって せかいは ひとつ だもん!

こころを みることは できない だから ふあんに なる
だが みることが できないものを しばりつけるなんて だれにもできない

つよいものが やりすぎると よわいものは なにも できないだろう
つよいものが ほどほどにすること それが つよいものと よわいものが
いっしょに くらすために だいじだな

 これらは「いぶんかのたてもの」にいる人たちの言葉である。均衡を重視しているように感じられ、あまり排他的でないことが伺える。
 外からやってきた新たな信仰は、シンオウ神話の信仰が失われた原因である一方で、古い神話が残ることが出来た理由でもあるのだろう。

2010/03/25