シンオウ神話を考える〜三日月と新月〜

 シンオウ地方のミオシティには、このような言い伝えがある。
 ミオシティでは悪夢にはまり込んだまま目覚めなくなる者が出ることがあった。そんな時は「まんげつじま」にいるポケモンの羽によって、悪夢をはらったという。この羽の持ち主が、伝説のポケモンであるクレセリアである。
 更に、この言い伝えに関わるであろうポケモンがもう一体いる。「あんこくポケモン」ダークライだ。
 ダークライは「しんげつじま」に住み、悪夢を見せる能力を持っているという。また、図鑑によると新月の夜に活動するらしい。名前こそ出ていないものの、ダークライも悪夢をもたらす存在としてミオシティの言い伝えに登場していたのではないかと思われる。

 今回は月を軸に、この二匹について考察していこう。

神話における月

 シンオウ神話において月はどのような存在だったのだろう。
 先に述べた言い伝えを組み合わせて考えると、悪夢から目覚めなくなる事件はダークライが活動する新月の夜に発生していたと推測できる。見方を変えれば、月が出ている夜は悪夢を見ないということになる。

 太陽と月は、よく対のものとして扱われることが多い。太陽が沈んだ後、夜の闇から現れる「悪夢を見せる存在」から人々を守るものが月だったのではないだろうか。
 クレセリアは月――守護者の立場であり、対するダークライは闇夜の恐怖の象徴、人々を脅かす敵対者とされていたのだろう。

三日月の役割

 ここまで考えたところで一つの疑問が浮かぶ。ダークライが活動するのは新月の夜。新月の対と言えば満月が連想されるものだが、クレセリアと結びついているのは三日月である。「まんげつじま」にいるポケモンであるにも関わらず、だ。


 クレセリアの頭部は三日月のような形状をしている。ここから三日月に関連づいたのかもしれない。しかし、身体の後部についている円状の物体を満月に見立てることも出来そうだ。
 単に月と曖昧な定義をせず、あえて三日月に限定する理由が何かあるはずだ。

 言い伝えについて振り返ってみよう。クレセリアの役目は、悪夢から目覚めなくなってしまった者を助けることだ。ここから、別の糸口を見出せないだろうか。
 目覚めない=眠ったままということは、自力で動けない状態だということだ。これは「おそろしいしんわ」と似ているように思える。そうすると、人は覚めることの無い悪夢によって「うごけなくなり なにも できなくなる」と置き換えることが出来る。
 湖のポケモン考察で、「こころ」を司る三匹は死にも通じていると書いたが、ダークライも同じようなものなのかもしれない。

 少し話が逸れるが、「寝言に返事をしてはいけない」という迷信がある。これは、眠っている時は彼岸の国(あの世)との境目が普段よりも薄くなっていると考えられていたためらしいが、シンオウにも同じような考えが存在していたとすればどうだろう。
 ダークライによってもたらされる悪夢は、人を冥界に連れて行ってしまうと考えられていたのではないか。そこから連れ戻す、つまり目覚めさせるのがクレセリアの力なのだ。

 それでは、「うごけなくなり なにも できなく」なった者を目覚めさせるにはどうすればいいか。「おそろしいしんわ」の記述は記憶、意志、感情のいずれかの喪失を指すと思われる。悪夢に捕らわれた時も、同じような状態になる――「うごけなくなり なにも できなくなる」のは、おそらく意志が失われた状態だと思われる。

その ポケモンの めを みたもの いっしゅんにして きおくが なくなり
かえることが できなくなる
その ポケモンに ふれたもの みっかにして かんじょうが なくなる
その ポケモンに きずを つけたもの
なのかにして うごけなくなり なにも できなくなる

 クレセリアの力は、意志を失った者に再び意志を与えるためのものなのではないだろうか。そう考えていくと、三日月である理由も見出すことが出来る。
 意志が無いというのは、「こころ」が「欠けた」状態だ。欠けた部分を埋めるには、欠けた形でなければぴったりとはめることはできない。パズルのピースのように。
 そう、完全な満月ではいけないのだ。完全な形――感情、意志、記憶が揃った「こころ」では、意志だけが欠けた「こころ」は直せない。満月を与えても、悪夢に捕らわれた者の「こころ」は取り戻せない。
 三日月の化身でなければ悪夢から解放出来ないからこそ、クレセリアは「みかづきポケモン」なのだろう。

 クレセリアの身体の後部にある円状の物体だが、下側の左右にも似たようなものが付いている。合わせて三つ、ちょうど「こころ」を構成する要素と一致する。
 もしかすると、クレセリアもシンオウ神話に登場する神々の一柱だったのかもしれない。

2011/05/07