シンオウ神話を考える〜プレート考察〜

 シンオウ神話を探るにあたって興味深いのがプレートだ。シンオウ地方の各地に散らばっているプレートには、拾った際に意味ありげな一文が表示される。

プレートの神話

 プレートに刻まれている文章は以下の通りである。

  1. うちゅう うまれしとき その かけら プレートとする
  2. プレートに あたえた ちから たおした きょじんたちの ちから
  3. そのもの じかん くうかんの 2ひき ぶんしんとして よに はなつ
  4. そのもの じかん くうかんを つなぐ 3びきの ポケモンをも うみだす
  5. 2ひきに もの 3びきに こころ いのり うませ せかい かたちづくる
  6. うちゅう うまれるまえ そのもの ひとり こきゅうする
  7. うまれてくる ポケモン プレートの ちから わけあたえられる
  8. プレート にぎりし もの さまざまに へんげし ちからふるう

 入手する順番に並べると上記のようになるのだが、文脈が繋がらない。意味が通るように並べ替えてみよう。一部の文章はミオ図書館で読める「はじまりのはなし」と似通っている。抜き出して並べると、6→3→4→5の順になる。

 残りの文章(1278)は、他に確認できるシンオウ神話では見られない内容である。そのため文脈から推測するしか無いのだが、共通する「プレート」という単語から、ある程度の見当はつきそうだ。
 先頭はプレートが造られたと思しき記述がある1だろう。2は由来を、7と8は使い道を示しているといったところか。

 プレート握りし者の主語として、前半の「そのもの」と「うまれてくる ポケモン」の二つが考えられるが、おそらく「そのもの」であるアルセウスだろう。変化する、という部分からアルセウスの特性「マルチタイプ」を連想できる。
 昔の人々は、ポケモンが持つタイプの起源がプレートにあると考えたのだろう。
 ここまでの仮説に従って文章を並べ替えると、以下のようになる。

うちゅう うまれるまえ そのもの ひとり こきゅうする
そのもの じかん くうかんの 2ひき ぶんしんとして よに はなつ
そのもの じかん くうかんを つなぐ 3びきの ポケモンをも うみだす
2ひきに もの 3びきに こころ いのり うませ せかい かたちづくる

うちゅう うまれしとき その かけら プレートとする
プレートに あたえた ちから たおした きょじんたちの ちから
プレート にぎりし もの さまざまに へんげし ちからふるう
うまれてくる ポケモン プレートの ちから わけあたえられる

 並べ替え後の5番目の「その かけら」が辻褄が合わなくなるが、「うちゅう」か「せかい」のどちらかを指していると考えるのが妥当だろう。或いは欠落している部分があり、そこに記述があるのかもしれない。

巨人の謎

 プレートの内容を整理したところで、一つ不明な点が残る。プレートに与えられた力の由来である「きょじんたち」である。他の神話にも一切姿を見せないこの存在は何者なのだろうか?

 順当なのは、他の伝説ポケモンであるという説だ。しかし困ったことに、シンオウの伝説ポケモンに該当しそうなものが存在しない。
 名前から巨人を連想できるレジギガス(ギリシア神話にギガースという巨人族がいる)が近いかもしれないが、レジギガスのタイプとプレートが一致しないという問題がある。

 更に、彼は大陸を動かしたという逸話を持っている。いわゆる国引き伝説というものだ。
 世界が生まれていなければ、陸地も存在できない。「うちゅう うまれしとき」にレジギガスが倒されていたのでは、国引き伝説は生まれない。それでは、巨人とは一体何者なのだろうか?

 少し視野を広げてみると、ヒードランが候補に挙がるのではないかという仮説が浮かんだ。
 ヒードランは、「シンオウ地方ができた際にこぼれおちた火の球から、ハードマウンテンとともに生まれ」、「かざんのおきいし」というアイテムで封印されたとされるポケモンである。封印、というくだりは「たおされたきょじん」と符合しそうだ。

 もう一つ興味深いのが、レジギガスがいるキッサキとヒードランのいる島が近い位置にあるという点だ。離れ島と国引き伝説……もしかすると関連があるのでは、と思わせる。
 想像だが、シンオウ神話の中ではレジギガスはアルセウスの側の存在であり、ヒードランをはじめとした「きょじんたち」と戦ったのではないだろうか?
 そして、巨人を封印した土地を大陸から切り離した――かつてはこのような神話が存在し、その一部である国引き伝説がレジギガスにまつわる伝承として残されたのかもしれない。

 「きょじんたち」と複数形であるからには、他にも巨人たるポケモンがいるのは明らかだろう。ヒードランだけではプレートのタイプが不足しているという点もある。
 しかし、シンオウ神話やプレートには他にヒントになりそうな記述が見つからない。結論が曖昧なままで残念だが、プレートについての考察はここまでとする。

2010/10/01