ブラインシュリンプ孵化器 ハッチャー24

ブライン孵化器

 ブラインシュリンプは卵状態での長期保存&塩水があれば孵化可能な便利さ、また栄養価が高いことから、稚魚のエサによく使われます。
 しかし、孵化させるにはある程度の水温(だいたい25度ぐらい)が必要なため、冬場は水温が課題となります。

 ハッチャー24(ニチドウ)は容器を水槽の中に固定させることで、気温が低い季節でもブラインを手軽に孵化させることができます。また、スタンドに立てて使うこともできます。放っておいても水温が高くなる夏に便利です。
 下の画像がパーツ一覧です。が、短いチューブが1つ欠けています。(クリックすると大きい画像)
 余談ですが、私が購入したのは改良後のものらしいです。

 使い方はシンプルで、容器の線まで水を入れて、塩とブラインの卵を入れて、エアレーションするだけ。1日経てばブラインの幼生が孵化します。なお当然ですが塩と卵は別売りです。

使い方

 私がやっている手順は以下の通りです。

  1. スタンドに立てた状態で水と塩を入れる(市販の塩、水道水で良い)
  2. 水槽内に設置し、フタを被せてエアパイプを通す
  3. ブラインの卵を投入してキャップを付ける
  4. エアレーション開始。あとは翌日孵化するまで待つ

 水はカルキ抜きをしなくても大丈夫。
 説明書ではプラストーンを付けていますが、自分は使っていません。エアの量を絞ってもきちんと対流が出来る点と、器具を洗う時にストーンを外す手間が省略できるのが主な理由です。
 最初は底に塩が溜まってたり、卵が底に張り付いていて、あまり循環してない……?と思ったりしますが、特に問題はないようです。

 翌日孵化したブラインを取り出します。

  1. 水槽から容器を取り出し、スタンドに立てる(水槽や部屋の照明が直接当たらない所に置く)
  2. 10分ほど放置して、底の方にブラインの幼生が沈んでくるのを待つ
  3. 茶こしorコーヒーフィルターを被せたコップを用意する
  4. エアパイプの反対側から少し口で吸い、サイフォン原理で↑のコップに排水
  5. 容器の塩水が半分くらいまで減ったら、コップに溜まった塩水を容器に戻す

 水槽から取り出すのは、容器内の水が減る→浮力で固定が外れ、塩水が水槽内に……という事態を避けるため。
 ブラインが十分な量採れるまで、2〜5を繰り返します。あとはブラインを飼育水で1〜2回濾して、スポイトで水槽に投入するだけです。
 余った場合、容器を水槽に取り付けて再びエアレーションをしておけばOK。どのぐらいの期間大丈夫なのかは調査していませんが、私は卵投入→翌日採取→翌々日2回目の採取&容器を洗浄して再設置のサイクルで使っています。少なくとも2日分は大丈夫ということですね。

注意点

 何より容器が大きい点に尽きます。水槽に設置する場合、結構なスペースを取ります。40cm水槽に取り付けているのですが、これが目立つ。(目立たないのもそれはそれで問題だと思いますが)
 体積もそれなりにあるので、水槽の水位が上がるのにも気を付けないといけません。水量を稼ぐために多めにしている場合は、溢れないかを確認しておいた方が良いと思います。

2013/03/18